オオタの食べ物ネタシリーズ「お好み焼き」

みなさんこんにちは!店長のオオタです。

元気ですか?ごはんたべましたか?

オオタはこのブログで前回もんじゃ焼きについて書いていました。

お好み焼きについて書くのを忘れていました。

鉄板焼きの文化

お好み焼きと言えば西日本で週に一度は食べられている大変ポピュラーな

食べ物です。関西や西日本の家庭には食卓に鉄板が常備されている

家庭がほとんどですので、気軽に鉄板焼きを楽しむという

文化があります。オオタの幼いころも食卓に鉄板が常備されていました。

最近ではホットプレートが普及してきているのでそちらのほうが

多いかもしれませんね。

お好み焼きを食べたいと思った時に家庭でも焼くことはできます。

しかし、準備が大変なんですね~

山芋すりおろして、キャベツをカットしてだし汁をつくって…

大変だなって思っていたところ、高崎にもお好み焼き屋さんがたくさんありまして

お店に行けば自分で焼くだけですので、お好み焼き屋さんに行ってきました。

コテで押さえてはいけない

さあ、お好み焼きのタネが運ばれてきて、みなさんどうやって焼きますか?

焼き方はいかにタネに空気を混ぜてふわっと焼けるか!!!

その一言に尽きると思います。

お好み焼きを焼いているときにコテで上から抑える人がいますが、

せっかく記事の中に空気を詰め込んだのにそれが逃げてしまって

ふわっと焼けなくなりますよ。このブログを読んだ貴女!

面接に来たらオオタがお好み焼きを焼きますよ!